シラバス

1.利用目的  高校情報科教員として必要な、下記4項目の知識や技術、考え方、態度などについて教授する。
1.情報機器やネットワークを活用し、情報の収集・整理・表現する能力。
2.コミュニケーション能力を養い、主体的かつ積極的に情報社会に参画する態度。
3.情報教育の必要性を理解し、情報科の教員に必要とされる知識や技法。
4.高校情報科目「社会と情報」の内容に精通する。
5.上記の目的を踏まえ、情報教育学の観点から全人教育推進に要する資質能力の向上に資する。
2.到達目標  学生は、下記目標に到達することにより、教職実践力を構成する授業力及び指導力を高める。
1.情報リテラシー、メディアリテラシーなどの知識や技能を習得する。
2.情報活用の実践力を習得する。
3.情報の科学的理解を深める。
4.情報社会に参画する態度を身につける。
3.授業内容 1.平成26年度の新指導要領の共通教科情報「社会と情報」。
2.学習指導案の作成と模擬授業を行う。
3.情報活用の実践力をつける効果的なプレゼンテーション実習を行う。
4.情報社会に参画する態度を理解する。
5.情報の科学的理解を深める。
4.授業計画  
5.授業方法 1.パワーポイントで授業内容を提示する。
2.コンピュータを用いた演習を積極的に行う。
3.プレゼン実習やディスカッションを中心とした内容で行う。
4.毎回課題を課し、メールで提出する。解説等は次回に行う。
6.時間外学習 情報科指導法のホームページを通して、以下のような授業時間外学習のサポートをする。
1.各回の講義内容を掲載し、予習・復習に役立てる。
2.各回の課題内容やそのヒントを提示し、課題提出に役立てる。
また、授業で用いた資料などは、クラウドに保存し、いつでもダウンロードできるようにし、ホームページとともに、活用する環境を構築する。
7.評価方法 ・レポート(60点)
・平常点等(40点)配点内容:発表、ディスカッション、理解度、構想力、実践力による総合評価
8.教科書 社情302(H25新課程)最新社会と情報 監修:山極隆(実教出版) ISBN:978-4-407-20227-4
高等学校学習指導要領解説 情報編 文部科学省(開隆館出版販売)  ISBN:978-4304041655
9.参考書 使用しない
10.留意事項 使用するソフトは、情報室のPCにインストールされているものに限定する。
携帯電話、スマートフォン等の使用は禁止する。
高校における情報科教科書「社会と情報」を積極的に活用する。
教職課程履修学生は、この授業科目終了後、教職課程履修カルテの自己評価シート欄に必要事項を必ず入力すること。
また、成績評価発表以降に、成績とともに担当教員によるコメントを参照し自己の学習状況について把握する。。

Copyright 2013-, Naka Masahiro All Rights Reserved.